印文などを勉強した

勉強をしました。印明とは古代インドの論理学のことです。印文とは守り札、護符、お守りという意味です。陰陽とは古代中国の宇宙生成原理のことです。印籠とは腰に下げる三重、または五重の小さい箱のことです。卯とは十二支の四番目です。兎の毛とはうさぎの毛、またきわめて小さなことのたとえのことです。得とは自分のものにする、手に入れる、意味を理解する、悟る、得意とする、優れるという意味です。外郎餅は米粉に砂糖を入れ、蒸してつくります。植うとは植物を植える、種をまく、棒状のもの、細いものを土などに差し込む、他所からそこに移して育つようにするという意味です。窺うとはこっそりのぞいて様子を見る、ひそかに機会をねらい待つ、一通り知っておく、一通り習っておく、手がかりを求めて調べてみる、尋ねてみるという意味です。右楽とは雅楽の楽曲分類の一つです。穿つとは貫く、突き通す、人情の機微などを明らかにすることです。浮かすとは浮かべる、軽くするという意味です。ペットの虫歯ケア